1
/
5

年末年始は転職・副業・複業準備のチャンス。2022年に向けたキャリアの棚卸しのコツ


「キャリアについて向き合いたい」と思いつつも、普段は仕事やプライベートが忙しくてまとまった時間が確保できない…そんな方が新年のキャリアチェンジ・ステップアップの準備をするにはこの年末年始が絶好のタイミング。2022年のキャリア作りに向け、キャリアの棚卸しをするチャンスを掴みましょう。

ちなみに、年末年始は3-4月の転職に向けて1月から動き出すため準備期間として活用している方も多い、という話も聞きます

キャリアの棚卸しのはじめかた

キャリアの棚卸しとはこれまで携わってきたすべての仕事について書き出し、整理すること……。

言葉にするとシンプルですが、書初めのように紙に書いても紛失してしまう、日記に書いてもどのページか忘れてしまう、ブログに書いても振り返らない、職務経歴書にまとめるのはちょっと面倒……あるあるですね。「どうやって」キャリアの棚卸しをするのかは意外と悩ましいポイントです。棚卸しをするにあたって

  • どんなことをやったのかを経歴ごとに整理したい
  • 過去だけでなく、未来どうしていきたいのかも言語化したい
  • 毎年1から作るのは面倒すぎる。定期的に更新するだけにしたい
  • 棚卸しして、最終的にできたものはそのまま人に見せられると嬉しい

等々…色々な要望がありますね。実はこれら全部、Wantedly のプロフィールを作る過程で実現できてしまいます。Wantedly のプロフィールは、シゴト探しをするためのオンライン版職務経歴書のような存在だったところから、想いと行動を綴れる、あなたの仕事を物語る1ページとして大幅な進化を遂げております。

たとえば、Numero TOKYOの田中杏子さんのプロフィールはこのような形です。

「2022年には転職活動を開始したい…!」「まだ次は考えていないけれどキャリアの棚卸しをしたい」「この先何したいか改めて考えたい」「とりあえずスカウトを受け取れるような状況にしておきたい」等々…そんな想いをお持ちの方へ。

Wantedlyのプロフィールには

  • あなたのシゴトの過去だけでなく未来も、行動だけではなく想いも伝わる
  • 画像や動画も使えるカード形式のフォーマットで視覚的にもリッチな1ページを作れる
  • プロフィールページが出来るのでURL1つ渡せば自分のやってきたこと、やりたいことが伝わる

といった特徴があるので、この年末年始のキャリアの棚卸しにぴったりです。ちょっとしたコツでプロフィールは素敵になるので、一つ一つお伝えしていきますね。自己紹介ツールにも使えますし、転職や副業のお誘いのスカウトメッセージを受け取るのにも、充実したプロフィールは重要です。


プロフィール作りでキャリアの棚卸しを。3つのコツ

それではPCからWantedlyにログインしてプロフィールを作っていきましょう。良いものを作るにはお手本が大事。Wantedlyはデザインビジネスマガジン「designing」さんとコラボして様々なデザイナーへと公式プロフィール「Official Profile」を届けております。それでは早速Official Profileを見ながら使い方を見ていきましょう。(Official Profile を徹底的に真似る、というのも一手です。)

1. プロフィール写真をセットしよう

プロフィール写真は証明写真よりも、自分らしさが伝わるものがおすすめ。カバー画像もセットで設定するとあなたらしさがより伝わります。グッドパッチの佐宗さんのプロフィールのトップを見てみましょう。


2. 自己紹介文とこの先やってみたいこと

一番大きく見える「キャッチコピー・好きな言葉」の下の「自己紹介文」、職務経歴書や従来型のプロフィールを作ってきたクセで、つい長々と書いてしまいがちです。

ここは「1分くらいでカジュアルに自己紹介する時何を話すかな?」という視点で今力を入れていることや、自分のパーソナリティも伝わる趣味等の情報をコンパクトに書くのがおすすめ。Twitterのプロフ文くらいのボリュームが近いですね。こちらはBCG Digital Ventures 花城さんのプロフィール。


「この先やってみたいこと」はシゴトでの目標は勿論、プライベートやライフワークとして目指していることを入れるとよりあなたらしさが伝わります。こちらはメルペイ松薗さんのプロフィール。


3. やってきたことをカードで魅力的にみせよう

Wantedlyのプロフィールの大きな特徴はカードでやったことを視覚的に魅力的に表現できる点です。画になるものを作っていなくとも、様々な形で表現できます。以下4種のカードがあるので、ぜひ使いこなしてみてください。

  1. 画像・動画カード
  2. 出版・執筆カード
  3. 数値カード
  4. その他プロジェクトカード

またグッドパッチ佐宗さんのプロフィールを見てみましょう。色々な種類のカードを使っていますね。



「画像・動画カード」はクリックすると何をしたかを示すタイトルに、どんなことをしたのか、どんな背景だったのかなどをあらわす画像や動画、そしてテキストを入力することができます。作ったものは勿論のこと……


やったことを表現する画像、例えば当時の思い出の写真などを使うのもおすすめです。


ium inc. / THE GUILD STUDIO代表の小玉さんはTHE GUILDへアルバイト入社したときの画像にロゴを使ったりしています。


「数値カード」はその名の通り数字を中心にアピールできます。◯◯社、◯◯円、◯◯♡(いいね!)など、実はお好きな単位にカスタマイズできます。


「出版・執筆カード」はブログを書いたり、インタビューを受けたり、出版したり、登壇資料を公開した時に使いましょう。URLを入れると自動でサムネイルが入ってタイトルも入る優れもの。書籍はもちろんのこと……。


WEB記事やブログなど、URLを入れると自動でサムネイルやタイトルが入ります。


「その他プロジェクトカード」は画像も数値もURLも無いけれど、これは伝えたい!みたいなときに便利なカードです。テキストのみで伝えることができます。こちらはPARKの佐々木智也さんのプロフィール。

佐々木さんは、インパクトあるビジュアルが印象的なスキンケアブランド LOGIC の代表でもあります。

プロフィール、見ているだけでいろんな方のストーリーが見えてきて面白いですね。そんなプロフィールを見ながら人生の転機を振り返っていくイベント「ぼくらの転機」、佐々木智也さんが登壇した第6回のアーカイブも公開中です。ぜひ年末年始にチェックしてみてください。転機を掴むヒントになればと思います。

ぼくらの転機、過去には著作家・パブリックスピーカーとして活躍されている山口周さんなどにも登壇いただきました。ぜひバックナンバー

早速プロフィールを作ろう

Wantedlyアカウントをお持ちの方はこちらから、まだ持っていないよ!という方はこちらから

忘れがちな、大事な設定

プロフィール作りを終わってお疲れなタイミング、最後に二つ、ぜひおすすめしたい設定があります。

1. 公開範囲の設定

たまになのですが「プロフィール気合い入れて作りました!見てください!」と言われてみると「おや何も見れないぞ…?」となることがあります。Wantedlyのプロフィールは、コンテンツごとに公開範囲を設定でき、「誰がプロフィールを見ることができるのか?」をコントロールできます。公開範囲の設定によっては他の人からほとんど見えない、なんてこともあるので要チェックです

チェックの方法としては、友達に自分のプロフィールのURLを送ってどこまで見れるか確認してもらったり、一度ブラウザのシークレットモードなどでプロフィールを見てみると「作ったのに誰も見れない状態だった…」という悲劇が起きていないか、気付けます。最後の仕上げに、ぜひ。


2. 転職・副業意欲の設定

Wantedlyでは転職・副業に対して今どれだけ意欲があるか?を設定することができます。また、スカウトをどれくらい受け取りたいのかも設定できます。2022年、キャリアをどうしていきたいかを考えてぜひ設定してみてください。

設定はプロフィール上部の基本情報へ移動して……

興味・関心の項目から設定できます。転職・副業それぞれ設定可能です。


これまでやったことをカードで洗い出したり、この先やってみたいことを改めて言葉にしてみたり、最初はちょっと大変ですが、素敵なキャリアの棚卸しになったのではないのでしょうか。一度作ってしまえば更新は簡単なので、半年に一回でも、四半期に一回でも、たまに見返してアップデートしていきましょう。

ここまで来れば2022年への準備は万端です。ぜひ素敵なプロフィールへと育てていってください。
もっと詳しく作り込み方知りたい…!という方向けの記事も実はあります。


2022年、シゴト探しのアクセルを踏みたい方へ

Wantedlyには実は個人の方がシゴト探しのアクセルを踏むためのPremiumメンバーシップというプランがあります。スカウトが約10倍来たり、Premiumメンバーにしか使えない特別なエントリー方法が使えたりするものです。

知らなかった……という声を意外と聞くのですが、まとめ記事をちょうど公開したのでぜひ興味ある方は見てみてくださいね。


最後に

年末年始、羽を休めることはとても大事です。大掃除とセットでキャリアの棚卸しをして、新年を迎えてもらえると嬉しいなと思います。

キャリアの棚卸しが、ココロオドルシゴトとの出会いにつながりますように。

それでは良いお年を。 Happy New Year!🎉

64 Likes
64 Likes

Weekly ranking

Show other rankings